ピディオキシジルの育毛効果を徹底調査!薄毛改善への影響とは?

ピディオキシジルの育毛効果を徹底調査!薄毛改善への影響とは?

キャピシキルと共にフィンジアのメイン成分として注目されているピディオキシジル。

別名ミノキシジル誘導体とも呼ばれているこの成分ですが、一体何がすごいのか具体的にわかりにくくないですか?

 

私も初めて見た時の印象は名前がミノキシジルっぽいしジェネリック的なやつかな程度のものでした。

 

詳しく調べてみると結果的にはこの印象も実はいい線行っていたんですが、もちろんそれだけではありませんでした。
ピディオキシジルとはどんな成分なのか?徹底調査したレポートを記していこうと思います。

 

ピディオキシジルとは何なのか?

ピディオキシジルはミノキシジルと極めて近い分子構造を持つ育毛成分です。
ちなみに分子構造がこちら。

 

 

左がミノキシジルで右がピディオキシジルです。
ね、メチャクチャ似てますよね。わたしも初め見た時違いに気づくのに1分くらいかかりました汗。

 

パッと見ほぼ一緒ですが、下の部分が五角形か六角形かという違いです。

 

この分子構造の類似により、どちらの成分も変わらない効果を発揮すると言われているんですね。
しかもピディオキシジルにはミノキシジルで起こるような副作用はありません。

 

そんなピディオキシジルの効果を一つずつ見ていきましょう。

 

効果その1 血管拡張作用による薄毛改善効果

この効果は正にミノキシジルと同じ血管拡張作用ですね。血管を広げ血流をよくし、健康な頭皮に改善します。また血行が良くなり、配合成分が毛根まで浸透しやすくなる効果もあります。

 

育毛効果に一番影響を与えているのがこの効果と言っていいんじゃないでしょうか。

 

ちなみにミノキシジルは元々血圧降下剤として使われていたもので、発毛効果が発見されて育毛にも使われ出したという経緯があります。そのため、発毛力があっても低血圧に関連するような副作用の可能性がつきまといます。特にもともと低血圧の人は使用の際に危険が伴う可能性があるのでかかり付けの医師に相談すべきですね。

 

その点ピディオキシジルは同じような効果が期待できるのに副作用の心配はありません。

 

なぜ副作用が起こらないのか?と言うと、ミノキシジル”誘導体”だからです。誘導体とは、その成分が元々持っている性質を損なわずに成分の配置を置き換えたり配列を変えた化合物です。そのため副作用を起こりにくくしたり、浸透力を上げたりということが可能なんです。

 

いいとこどりできるのが誘導体ってことですね。
効果はそのままで副作用の心配がいらないというのは喜ばしいことです。

 

効果その2 毛母細胞活発化による発毛効果

ピディオキシジルには、直接毛母細胞に作用し毛母細胞の分裂を活性化する効果もあります。ようはサボってたやつらに喝を入れてくれるイメージです。これによって毛包全体が大きく成長し、太く健康な髪の毛が育ってくるようになります。

 

また、毛包が正常化するためにヘアサイクルをも正常な状態へと戻してくれます。これによって強く育つ前に抜けていっていた髪が減り、しっかりとした髪が生えてくるようになります。

 

この効果はキャピシキルとあわさることでより一層の効果を生みだします。さすがによく考えられた配合なんですね。

 

効果その3 成長因子による毛母細胞の復活

 

フィンジアの配合成分がしっかりと毛母細胞まで届いたとしても、その毛母細胞が休止状態では分裂が起こりません。
それでは全く意味がありません。

 

そこを解決するのがピディオキシジルの成長因子による毛母細胞の復活です。
眠った状態の毛母細胞を叩き起こす役割を果たしてくれるようです。

 

サボって寝てしまってるダメなヤツらも起こしてくれるわけです。
この作用のおかげで、フィンジアに詰め込まれた有効成分が存分に効果を発揮できるんですね。

 

 

ピディオキシジルの実験データは根拠が乏しい!?

ピディオキシジルの効果について見てきましたが、ネットではピディオキシジルに対して厳しい意見も多数見られます。
それが、ピディオキシジルの実験データが無さすぎるから信用できない!というもの。

 

実際に調べてみると、確かに出てきた実験データはたった1つです。

 

引用:https://www.slideshare.net/Kumarorganicproducts/kopyrrol-brochure

 

これは海外のクマールオーガニック社が行った実験で特許もとってるみたいです。

 

この実験ではマウスに投薬し、線維芽細胞を低下させ毛を少なくします。その状態のマウスにミノキシジルとピディオキシジルをそれぞれ投与し、どのくらい回復するのかを比較観察しています。

 

表が小さく見づらいかもしれませんが、ピディオキシジルがミノキシジルとほぼ同等かそれ以上の回復効果を見せているのが分かります。

 

ですが、この実験だけでは証拠不十分だと言う人がの意見もわかります。

  • 「マウスの実験だけで人体にも同じ効果が出るというのはどうなのか?」
  • 「ミノキシジルは人体での実験で立証しているのにぴピディオキシジルは何故しないのか?」
  • 「そもそも情報が少なすぎるのではないか?」

 

こういった意見ですが、確かに実験データが弱すぎるというのは私も思いました。
確かめようがないので、とりあえずピディオキシジルに関しては話半分くらいの感じで聞いておこうと思っています。

 

ただし、しっかりとしたデータの揃っているキャピシキルとの相性はかなりいいとも思っていますので、そこまで問題でもないかなと考えます。

キャピシキル+ピディオキシジルのコンビは、育毛剤で登場する以前からまゆ毛美容液として使用されています。その効果は多くの人が実感しており、髪の毛への良い影響を期待しても問題はないでしょうね。

 

ピディオキシジルはキャピシキルと組んでこそ輝く!

現在、海外ではピディオキシジル単体の育毛剤も研究開発されているらしいですが、
私としてはキャピシキルと組んでこそ効果が高くなると思っています。

 

キャピシキルの強い育毛効果+5αリダクターゼの抑制効果にピディオキシジルが組み合わさる事で、
非常に効率よく育毛ケアができるのではというのがわたしの見解です。

 

もちろんこれから先研究が進んでさらに相性ピッタリの成分が出てくる可能性もありますが、
現時点では最強候補のタッグと考えて間違いないでしょう。

 

 

そういう意味では、やはりフィンジアはこの最強タッグの配合濃度が一番高いスカルプエッセンスなので効果が出やすいのかなとも思います。キャピキシル5%は他にもありますが、ピディオキシジル2%はフィンジアだけですからね。

 

なので効果が期待できる可能性としてはやはりフィンジアが高いと思いますし、実際に実感出来ているので使って正解だったなと思います。口コミ評判では賛否両論ありますが、やはり自分で使ってみないとわからないものですね。

 

あなたももし気になっているのなら最終的には自分で試してみるのが一番手っ取り早いと思いますよ。人の意見を参考にするのもいいですが、薄毛の状態や体質によっても改善具合は変わってくるのでぜひ自分の頭皮で試して納得されるのがいいかと思います。

 

 

管理人によるフィンジア13ヶ月体験レポート