ストレスと薄毛の関連性

現代病ともいえる「ストレス」と薄毛の関連性

ストレスと薄毛は密接な関係がある事は存知でしょうか?最初にお伝えしておきますが、ストレス性の薄毛は遺伝性の薄毛とは性質が異なりますので、ストレスの根本が解消したりストレスだと感じなくなると薄げも徐々に回復してくるのです。

 

ですのでストレス性の薄毛の方がいくら育毛剤などを使用しても効果を感じられないのです。ストレスを感じやすい性格が遺伝したという事はあるかもしれませんが、それはDNAレベルでの遺伝ではなく育ってきた環境で身についた考え方の遺伝ですのでこちらでは割愛させて頂きます。

 

ではストレスが薄毛とどう関係しているのか解説していきます。

 

ストレスを溜め込み過ぎると、自律神経の働きが乱れてきます。

   ↓

自律神経が乱れると脳や体は緊張してきます。

   ↓

緊張してしまうと体の血管は収縮し血液の循環が滞ってしまいます。

   ↓

血行が悪くなるとやはり、髪への栄養が行き渡りにくくなってきてしまいます。

 

また、自律神経の調子が悪くなると内蔵機能も低下してきます。「ストレスで胃が痛くなる」内臓機能が低下していることの代表です。

 

髪の毛はタンパク質で構成されています。内臓の働きが悪くなるとタンパク質を上手に取り込めなくなり、髪が作られる時に細かったり切れやすい弱い髪の毛が作られてしまうこともストレスの影響といえるでしょう。

 

最初にもお伝えしましたが、ストレス性の抜け毛は遺伝性とは違い育毛剤やマッサージをしても回復はなかなか難しいです。

 

しかしストレスさえなくなれば通常の髪が生えてきますのでストレスの根本に気付き解消したり、ストレスだと感じない良い意味で適当な考えを持つことも大事なのではと思います。
ストレス社会ですので全くのストレスフリーな生活は出来ないかもしれませんが…。上手にお付き合いしていきたいものですね。

 

話題のフィンジア使ってみました!私の体験口コミレポート

(↑30日間の全額返金保証が付いてきます)