フィンジアとフィナステリドの併用は効果絶大!

フィンジアとフィナステリドの併用は効果絶大!

薄毛予防にフィンジアを使うのもいいのですが、すでに薄毛が進行していてそれを食い止めたいという場合は、フィナステリドと併用するとより効果的です。個人差はありますし併用効果に諸説はありますが、わたし個人的にはこの組み合わせは最強なんじゃないかと思ってるんですよね。

 

フィナステリドといえば有名なのがプロペシアです。病院でも処方してもらえますし、ネット通販でも輸入代行を利用すれば簡単に手に入ります。もっと安いのだとフィンペシアやエフペシアなど、格安のジェネリック医薬品なんかでもOKです。

 

最近のおすすめだとこれ↓フィナロイドですね。
プロペシアの最新ジェネリックで効果は同じなのに低価格でコスパいいです。

 

 

フィナステリドの抜け毛防止効果!

すでに薄毛が進行していて、例えば一日に抜け毛の量が多いという方はこのフィナステリドはかなり有効的です。抜け毛の量は一日100本以内なら健康体と言われていますが、AGA(男性型脱毛症)が進行している場合は一日200本も400本も抜ける人もたくさんいます。

 

一日の抜け毛量を数えるのが確実ですが、簡単な目安としては、朝起きたときに枕に抜け毛がついていないか?お風呂に入ったあと排水溝の抜け毛の量はどのくらいか?このあたりがわかりやすいかと思います。

 

フィナステリドには、薄毛の原因であるDHTを生成している、男性ホルモン(テストステロン)還元酵素(5αリダクターゼ)のうち、還元酵素(5αリダクターゼ)の方を阻害する働きがあります。つまり、男性ホルモンと結合する量を極端に減らすことができるので、結果的にDHTの生成が抑えられるというわけですね。

 

DHTが減少すると、自然と抜け毛の量も減少します。

 

ようは、フィンジアとフィナロイドを併用することで、抜け毛を防止しながらフィンジアで発毛育毛を促進できるというわけです。

 

 

イメージとしては、バケツに水を入れるイメージです。いくら水を入れても、バケツに穴が空いていると水はたまりませんよね。しっかりとした受け皿があるからこそ、そこに水がはれるわけで。

 

同じように、薄毛対策もまずは抜け毛を抑えてから、髪の毛を増やす努力をした方が効率的だと私は考えています。

 

いわば、フィナロイドで守り、フィンジアが攻めという形ですね。
この2つがあればフィンジア単体で使うよりも早めに変化は出てくる期待値は高いと思います。

 

フィナステリドには副作用も存在することをお忘れなく

ただし、フィナステリドは医薬品なので効果はもちろん副作用も存在します。

 

具体的には、性欲減退体のだるさなどが言われますが、もちろん副作用の症状があらわれるのは全体の数%で、そこまで危惧するようなことではなくあらわれたとしても軽微なものと言われています。

 

しかし、知らないまま使うのは非常に危険なので、使用する際にはそういった知識もしっかり入れたうえで自己責任で使われることをオススメします。

 

万が一の場合が心配な方は、個人でネットで輸入代行で買うのではなく、AGAクリニックや薄毛外来など専門医の診断のもと処方してもらってください。コストはやはりかかりますが、安心感は別格ですからね。