フィンジアとスカルプ5.0cを徹底比較!おすすめはどっちだ?

フィンジアとスカルプ5.0cを徹底比較!おすすめはどっちだ?

フィンジアスカルプ5.0c比較

 

スカルプ5.0cはフィンジア同様、キャピキシルをメイン成分とした育毛剤です。
フィンジア愛用者であるわたしとしては少し気になる商品でもあります。

 

が、もちろんフィンジアを購入する前に同じキャピキシル配合の育毛剤だということで、しっかりとリサーチしました。
その結果、スカルプ5.0cは使わずフィンジアを使っています。

 

わたし個人で言えば完全にフィンジア推しなんですが、やはりスカルプ5.0cも人気の商品です。
ですので、ここでは客観的に見てどちらがより優秀なのかを様々な面で比較してみたいと思います。

 

それと同時に何故わたしがスカルプ5.0cを選ばなかったのかも解説していきます。
キャピキシル配合の育毛剤で悩んでいる方は是非見ていってください。

 

 

フィンジアとスカルプ5.0cで成分比較!配合成分が優れているのはどっち?

  フィンジア スカルプ5.0c

成分種類数

25種類 47種類

有効成分

  • アセチルテトラペプチド3(キャピキシル)
  • アカツメクサ花エキス(キャピキシル)
  • ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオキシジル)
  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸2k
  • トウガラシ果実エキス
  • アセチルテトラペプチド3(キャピキシル)
  • アカツメクサ花エキス(キャピキシル)
  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸2k

全成分

●エタノール●水●BG●ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオキシジル)●アセチルテトラペプチド3(キャピキシル)●アカツメクサ花エキス(キャピキシル)●パンテノール●センブリエキス●ビワ葉エキス●褐藻エキス●グリチルリチン酸2k●トウガラシ果実エキス●ボタンエキス●フユボダイジュ花エキス●ヒキオコシ葉/茎エキス●ヒオウギエキス●キハダ樹皮エキス●メントール●グリセリン●クエン酸Na●クエン酸●デキストラン●PEG40-水添ヒマシ油●ラウラミンオキシド●フェノキシエタノール

●水●BG●アセチルテトラペプチド-3●アカツメクサ花エキス●オクタペプチド-2●オリゴペプチド-41●金●白金●フムスエキス●カミツレ花エキス●センブリエキス●オタネニンジン根エキス●クエン酸Na●サンショウ果実エキス●プルサチラコレアナエキス●ウスニアバルバタエキス●銀●セルロースガム●炭酸水素Na●ダイズ種子エキス●アロエベラ葉エキス●カンゾウ根エキス●イノシトール●アルニカ花エキス●オドリコソウ花/葉/茎エキス●オランダガラシ葉/茎エキス●ゴボウ根エキス●セイヨウキズタ葉/茎エキス●ニンニク根エキス●セイヨウアカマツ球果エキス●ローズマリー葉エキス●ローマカミツレ花エキス●アラントイン●グリチルリチン酸2K●プラセンタエキス●黒砂糖●酵母発酵エキス●PCA-Na●ソルビトール●セリン●グリシン●アラニン●トレオニン●グルタミン酸●リシン●プロリン●アルギニン

 

副作用成分

なし なし

副作用症状

なし なし

 

配合成分数を見るとスカルプ5.0cの方が多いので良い育毛剤なのかな?と思いがちですが、
重要なのはどんな有効成分が配合されているかです。

 

どちらもキャピキシルをメインにもってきている商品なので、それ以外の有効成分が重要となってきます。

 

まずフィンジアですが、キャピキシル5%、ピディオキシジル2%と業界最高濃度で配合されているのが特徴です。
その他にも重要なサポート成分はしっかりと押さえています。

 

一方のスカルプ5.0cはキャピキシル5%は同じですが、
メインとなる成分がそれしか配合されていないんですよね。

 

ここが結構致命的なんです。
成分数を増やしてなんだか良さそうに繕ってはいますが、
キャピキシル+ピディオキシジルのタッグでこそその効果が発揮できるものですから。

 

キャピキシルだけというのは少し弱いというか、効率的にもっと伸びしろがあるわけです。

 

わたしがスカルプ5.0cを選ばなかった最大の理由がここです。
やっぱり効果の期待できる配合成分のものを使いたいじゃないですか。

 

それに、スカルプ5.0cのその他有効成分である
センブリエキスグリチルリチン酸はフィンジアにも当然含まれています。

 

ということで、配合成分で比較となるとどこからどう見てもフィンジアが負けることはないでしょう。

 

キャピキシル+ピディオキシジルのタッグが最強という理由は下記の2つのページで詳しく見ています。
興味のある方は目を通してみてください。

キャピキシルの育毛効果を徹底調査

ピディオキシジルの育毛効果を徹底調査

フィンジアとスカルプ5.0cで浸透力比較!奥まで有効成分が届きやすいのはどっち?

 

フィンジア

スカルプ5.0c

浸透促進成分

カプサイシン Wナノ浸透

特徴

フィンジア独自のゲートアクセス理論により、カプサイシン作用で毛穴を軟化して開かせ有効成分を奥まで届けやすくする工夫がされています。 有効成分をゴールドやプラチナのナノコロイドに付着させることで、毛穴の奥深くまで浸透させることができます。

ブブカ比較などでも詳しくお話したんですが、育毛剤を選ぶ時にに重要なこととして、成分と浸透力をあげています。
素晴らしい成分も毛根まで届かなければ効果を発揮しようがないですから。浸透力あってこその配合成分です。

 

その点で見るとどちらも評価すべきところがあって、浸透力アップの工夫をそれぞれ施しています。

 

フィンジアは独自のゲートアクセス理論により、
カプサイシン作用で毛穴を軟化して開かせ有効成分を奥まで届けやすくする工夫がされています。

 

スカルプ5.0cはWナノ浸透という方法で、有効成分をゴールドやプラチナのナノコロイドに付着させることで、
毛穴の奥深くまで浸透させることができます。

 

どちらも優れた浸透力を持っているように思えますが、
公式ページをよく見てみるとスカルプ5.0cのほうには気になる記載が・・

 

しっかり浸透します!と書いてある横に小さい字で「角質層まで」と書いてあるんです。

 

角質層とは、表皮の一番浅いところです。
そんなところまでしか浸透しないのであれば効果が出るハズないと思いませんか?

 

そこから何層にもなっている皮下組織を超えたところにある毛乳頭に
成分が届いて初めて効果を得られるわけですから。

 

もちろんフィンジアも実際そこまで届いているのかはわかりませんが、
「角質層まで」とわざわざ注意書きしてあるスカルプ5.0cの公式ページには違和感を覚えます。

 

そういった理由から、
浸透力に関してはロジック的にも体感としても個人的にはフィンジアのほうが優れていると思います。

フィンジアとスカルプ5.0cを値段で比較!安くて経済的なのはどっち?

 

フィンジア

スカルプ5.0c

内容量

50ml 80ml

一本目安

約30日間 約30日間

価格

  • 単品 12,800円
  • 定期コース 9,980円
  • 3本定期コース 26,900円
  • 3本セット 34,800円
  • 単品 15,000円
  • 定期コース 初回4,980円 2回目以降10,000円

送料

基本送料無料

※単品購入の場合のみ640円

基本送料無料

※単品購入の場合のみ540円

定期縛り

なし(初回から解約可能) 最低でも4回以上の継続が必須

 

値段を見てみると、定期コースであればどちらもほとんど同じ値段です。
ただ、スカルプ5.0cは初回が4,980円になるキャンペーンをしていますのでその分ほんのちょっと安いです。

 

またどちらも同じく30日分ですが、スカルプ5.0cは80ml入っていますからその分たっぷりと使えます。
(もちろんたっぷり使えるから効くというわけではありませんが)

 

 

ただし、スカルプ5.0cの定期コースには最低4回継続しなければ解約できないという条件が付いています。
この縛りのせいで、「取りあえず試してみてダメならやめよう」ということができなくなっています。

 

価格だけ見れば少し負けているフィンジアも、ここを考えると、
この少しの金額差であれば定期に縛りのないフィンジアの方が使い勝手がいいのではないかと思います。

 

どうしても肌に合わない商品というものは存在するので、
そのリスクはできるだけ排除できる商品のほうがいいに決まっていますからね。

 

なので、パッと見は価格だけ見るとスカルプ5.0cのほうが初回安くてハードルが低いように見えがちですが、
定期縛りが厳しいのでそのあたりも購入前にしっかり検討する必要があります。

フィンジアとスカルプ5.0cをオプションで比較!保証が手厚いのはどっち?

 

フィンジア

スカルプ5.0c

全額返金制度

あり あり

返金保証期間

30日間返金保証
※商品を受け取ってから30日以内

60日間返金保証
※商品を受け取ってから60日以内

プライバシー対応

  • 無地のダンボールでお届け
  • 送り状伝票に宛名書きなし
  • 営業所止め可能
  • 無地のダンボールでお届け
  • 送り状伝票に宛名書きなし
  • 営業所止め可能

特典オプション

なし なし

 

プライバシー対応については、フィンジアとスカルプ5.0c両者とも
家族や同居人、ご近所に何を購入したかバレないような工夫もなされていてかなり配慮が行き渡っているといえます。

 

ただし、全額返金保障についてはどちらも制度が採用されていますが、
スカルプ5.0cのほうが60日間保証となっているのでフィンジアの倍ほど余裕を持って手続き可能です。

 

どちらも返金保証については細かい規定などがありますが、
猶予期間という意味ではスカルプ5.0cのほうが上ですね。

 

どちらも「商品到着から」というスタート地点なので日数さえ間違えなければ大丈夫ですが、
返金制度を利用される場合は早めに余裕をもって申請することをオススメします。

フィンジアとスカルプ5.0cを口コミで比較!みんなの評価が高いのはどっち?

スカルプ5.0cの悪い口コミ
  • 本当にキャピキシル5%も入ってんの?疑いをぬぐいきれない。残念すぎ。もともと使っていたやつに戻してもう一度頑張ってみるか
  • 半年くらい使っていまいち効果を実感できなかったので諦めて薄毛治療を取り扱っている病院に行きました。
  • ノズルタイプはどうしても液垂れするしやっぱりあまり好きじゃない。ザ・スカルプ5.0Cを使った時も量の調節が難しく、特に生え際に塗布する際は液垂れしていた。
スカルプ5.0cの良い口コミ
  • 28歳になりますが、だいたい4~5ヶ月で効果がではじめました。 鏡をふと見た時におっ?て思って妻にも聞いてみたら少しマシになってきたねとのこと。
  • 液体自体はサラサラしているので、髪や頭皮がベタつかないのが良いです。
  • 今までに使ってきた育毛剤はけっこうべた付いていて不満を感じながら使っていたんですが、これを見つけ試したらいい感じでサラサラしてるので本当に満足して自信もついてきた。
フィンジアの悪い口コミ
  • 恐らく10カ月は使用したのではないでしょうか。ハッキリ言って使用前と使用後で髪の毛が増えたという実感はありません。
  • 初期の薄毛の人や薄毛予防目的で使用する人は効果があるかもしれませんが、完全に地肌が見えている重度の薄毛の人のついてはフィンジアは効果がないので買わないほうがいいです。
  • 最初は初期脱毛だと思って様子を見ていたんですが、半年経過しても改善なし。ネットの口コミを見てみると、効果があったとかって口コミもあるので、一概には言えないかもしれませんが・・・。
フィンジアの良い口コミ
  • 髪の毛の根本が立つようにしっかりしてきたことに加えて、3本目に突入したころには抜け毛の量が明らかに減ってきました。
  • カークランド(塗りミノキ)から乗り換えて、3ヵ月でこの変化レベルまで持っていけたことを考えると、市販の育毛剤としては十分すぎるほどの効果と言ってイイと思います。
  • 使用開始から3ヶ月ちょっと経過しましたが、想像以上に生えてきました(笑)
  • 4カ月を過ぎた辺りからつむじの薄毛を気にする機会が少なくなくなり、鏡で確認する回数もかなり減りました。

【総評】フィンジアとスカルプ5.0c!育毛剤として期待値が高いのはどっちだ!?

 

フィンジア

スカルプ5.0c

成分評価

勝ち

キャピキシル5%、ピディオキシジル2%と注目の育毛成分が業界最高濃度で配合されている。さらにセンブリエキスやグリチルリチン酸などスカルプ5.0cの有効成分もこっちに当然配合されている。

負け

同じくキャピキシルを5%配合しているが、その他の成分で負けている。特にピディオキシジルが配合されていない部分が致命的。

浸透力評価

勝ち

カプサイシンの成分で毛穴を軟化、開かせ有効成分を根本まで届ける工夫がされている。(ゲートアクセス理論)

負け

Wナノ浸透と謳ってはいるが、注意書きには角質層までと記載されている。これでは浸透力が高いとは到底言えない。

価格評価

負け

定期コースでも一本1万円弱。とほとんど変わらないが初回特典の分ちょっと負けている。ただし定期コースに縛りがないため使い勝手はこっちのほうがいいかも。

勝ち

初回4,980キャンペーンの分価格だけ見ると若干お得。ただし定期コース解約に最低4回目以降という縛りがあるため使い勝手は悪い。

オプション評価

負け

30日間の全額返金保証はついているものの、スカルプ5.0cより保証期間が短い。

勝ち

60日間返金保証とフィンジアの倍ある。

口コミ評価

勝ち

口コミに関しては賛否両論あり、フィンジアで効果を実感している人もいればまったく効果がわからないという人もいる。ただ、効果を実感しているという意見がスカルプ5.0cより多かった印象。

負け

思ったよりも口コミ数自体が少なかった印象。その中でもいい口コミは少なく、テンプレート的なものが目立っていた。ああいった口コミは信憑性に欠けるため、あまり参考にしないほうが吉。

管理人の総評

勝ち

同じようにキャピキシルやセンブリエキスやグリチルリチン酸を配合していますが、やはりピディオキシジルを併せて配合しているフィンジアが圧倒的に上。もちろん浸透力も。価格もほぼ同じなわけで、定期縛りの有無も考えると試しやすさやコスパでも完全にフィンジアの勝ちでしょう。

負け

やはり一番の敗因は成分と浸透力。ピディオキシジルを配合していないことと、浸透力が弱いことが致命的です。価格もほとんど変わらないうえに、定期縛りが厳しすぎ。初めからフィンジアを買う方がいかと思います。

 

フィンジア比較

ここまでフィンジアとスカルプ5.0cを徹底比較してきましたが、
相互的に評価するとわざわざスカルプ5.0cを選ぶメリットが見当たらない…というのが結論です。

 

言い方は悪いですが、どう考えてもスカルプ5.0cはフィンジアの劣化版に思えちゃうんですよね。。
わたしが購入を避けたように、この先買おうか悩んでいるという方にはこれを読んで一度考え直して欲しいと思います。

 

スカルプ5.0cの勝っている部分を無理矢理探しても、保証期間がちょっと長いことと初回が安いというだけです。
フィンジアを使ってる今、これではさすがにわざわざ乗り換える気にもなりません。

 

育毛剤は結局のところ配合成分と浸透力で決まります。
どんな宣伝文句を並べたところでそれを見れば一目瞭然です。

 

育毛の基本は長期スパンで地道に継続していくものなので、耳障りの良い宣伝文句や安い値段設定にだまされずに、
しっかりと中身と値段の費用対効果を考えて選ぶことが大事ですね。

 

(↑全額返金保証付きは公式サイトのみ注意)

関連ページ

フィンジアとチャップアップを徹底比較
フィンジアと育毛剤チャップアップを色んな角度から徹底比較してみました。本当に効果が期待できるのはどちらなのか?
フィンジアとポリピュアEXを徹底比較
フィンジアと育毛剤ポリピュアEXを色んな角度から徹底比較してみました。本当に効果が期待できるのはどちらなのか?
フィンジアとリアップX5で徹底比較
フィンジアと発毛剤リアップX5プラスを色んな角度から徹底比較してみました。本当に髪の毛が生えるのはどちらか!?
フィンジアとポラリスを比較
フィンジアと発毛剤ポラリスを色んな角度から徹底比較してみました。本当に髪の毛が生えるのはどちらか!?
フィンジアとカークランドを比較
フィンジアと発毛剤カークランドを色んな角度から徹底比較してみました。本当に髪の毛が生えるのはどちらか!?
フィンジアとプランテルを比較
フィンジアとプランテル育毛剤を色んな角度から徹底比較してみました。本当に髪の毛が生えるのはどちらか!?
フィンジアとブブカを比較
フィンジアとブブカ育毛剤を色んな角度から徹底比較してみました。本当に髪の毛が生えるのはどちらか!?
フィンジアとDeeper3Dを比較
フィンジアとDeeper3Dを色んな角度から徹底比較してみました。本当に髪の毛が生えるのはどちらか!?
フィンジアとボストンスカルプエッセンス比較
フィンジアとボストンスカルプエッセンスを色んな角度から徹底比較してみました。本当に髪の毛が生えるのはどちらか!?
フィンジアとバイタルウェーブを比較
フィンジアとバイタルウェーブを色んな角度から徹底比較してみました。本当に髪の毛が生えるのはどちらか!?